2021年08月30日

久々の海洋実習

先週、海洋実習に行ってきましたわーい(嬉しい顔)
実習をやるのは本当に久しぶりでした・・・

2021_0825実習0003 (2).JPG

黄金崎での2日間でしたが、水温30℃、べた凪、透明度10mと絶好の条件でした。
マダイの大ちゃんも遊びに来てくれて、実習の方も大喜びわーい(嬉しい顔)
                                 

ここからがスタートです・・・また、潜りに行きましょうねexclamationexclamation
                                 すやま
posted by ダイブエムエーイー at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年08月13日

6号前の石垣 9号10号の西表

皆様こんにちは
暫くぶりの書き込みですふらふら・・・

7月の台風6号直前
ぎりぎり当たらずの石垣島ツアーでした・・・
先ずは大きな「アオウミガメ」が私たちを出迎えてくれました。
2021_0719isigakかめ.JPG

次に「カクレクマノミ」ですが、ガイドの言う通りに手前の方向からまずクマノミ、次に後ろのウミウチワ、その後ろに空を入れて撮ると絵になると・・・
2021_0719isigakikumanomi.JPG
どうでしょう?まとまった絵になっていますか?わーい(嬉しい顔)

石垣の最後の一枚は「ウミウシカクレエビ」
2021_0719isigakiうみうしかくれ.JPG
1cmもない小さな奴ですexclamation×2

8月の台風9号10号
こちらは西表をかすって沖縄本島へ9号、10号は太平洋側から関東へという状況でのツアーでした。
影響もありましたが、5日間毎日潜ることが出来ました手(チョキ)
どちらかと言えば可愛いやつが多く・・・
先ずは「パンダツノウミウシ」
iriomoteパンダ.JPG
白黒のなんとも可愛いウミウシです。

同じような白黒ですがこちらは「ブチウミウシ」
iriomoteブチ2.JPG
この白黒も本当に可愛かった〜

最後に「ジョーフィッシュ」
iriomoteジョー.JPG
黄色いバージョンですわーい(嬉しい顔)
サンゴの枯れ場から、ちょこんと顔を出した姿が何とも言えませんねわーい(嬉しい顔)

・・・という具合に、台風、コロナをうま〜くすり抜けて潜っておりますわーい(嬉しい顔)
                                すやま
               





posted by ダイブエムエーイー at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年06月21日

2021年初投稿・・・6月の大島

皆様
お元気でしょうか?2021年初めての投稿ですがく〜(落胆した顔)
皆さんはワクチンの接種進んでいますか?
すやまは来週の6/28に接種券が郵送されて来る予定です・・・まだ接種券待ち状態ですふらふら

そんな中、伊豆大島へ行ってきました・・
天気は快晴・・・秋の浜だけは水温が冷たく透明度は10mあるかな?
大野浜、野田浜は水温が20度以上、透明度も20m以上はある・・・わーい(嬉しい顔)
そして秋の浜で・・・
2021_0612大島tatsu.JPG
肉眼ではほとんど顔は見えず・・・デジカメのモニターでも顔は確認できず・・・
でもパソコンで見たら、ちょっとシャイに顔をそむけたピグミーシーホースちゃんが写っていました。
お腹も大きいのでメスかな?

もう一匹カエルアンコウですが、大きな大きな口を開けた瞬間をいただきました・・・
2021_0612大島kaeru.JPG
たまに、このような瞬間を目にしますが写真に納めるのは初めてかもしれませんわーい(嬉しい顔)
ラッキーexclamation

最後の一枚は野田浜のツバメオウです。
40匹以上はいると思います・・・数えてみてはわーい(嬉しい顔)
2021_0612大島tubame1.JPG
透明度も良かったので、ワイドでも綺麗に撮れました・・・

陸上はコロナ禍でピリピリしていますが、海の中は平和なものですわーい(嬉しい顔)

一日も早く元の日常に戻るのを祈るばかりですぴかぴか(新しい)
                                すやま

posted by ダイブエムエーイー at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月07日

本年最後の伊豆かな・・・

先週末、西伊豆の黄金崎に行ってきました・・・
今年はやはり水温が高く、この時期でもまだ21〜22℃もありました。
透明度もおそらく20m近くは見えていてBESTなコンディションでした。

久々のウミテング
そんな中、久しぶりに「ウミテング」を見ることが出来ましたわーい(嬉しい顔)
2020_1204黄金崎umitenn2.JPG
2匹のウミテングが砂地をウロウロしていました。
もう一枚はドアップで・・・
2020_1204黄金崎umitenn1.JPG
なんともコミカルでカワイイ魚ですね・・・

ダイチャンとツーショット
今や黄金崎名物となったマダイのダイチャン・・・
ほぼ100%の確率でツーショット写真が撮れます。
今回のお客様もしっかりとツーショットを押さえることが出来ましたわーい(嬉しい顔)
2020_1204黄金崎daityann1.JPG
皆さんもぜひダイチャンとのツーショット写真を撮りにツアーにご参加くださいわーい(嬉しい顔)

さて、今年はコロナ禍の中での苦しい状況が続いていますが、心はまだ折れていませんわーい(嬉しい顔)
みなさん来年は倍にして楽しみや、喜びを取り返しましょうパンチ
   すやま
posted by ダイブエムエーイー at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月30日

オジサン大集合・大島/ 水深?m・田子

皆様
コロナ禍の中いかがお過ごしでしょうか?
とにかく感染しないよう、じっと耐えるしかありませんねふらふら
さて書込みが遅くなりましたが、11/13-15で大島 11/18-19で田子・雲見へと行ってきました。
じっと耐えながらも、感染には最大限気を付けながら潜っていますわーい(嬉しい顔)

オジサン大集合・大島
大島の野田浜で潜った時です・・・野田浜のアーチの下に「オジサン」が大集合しているではありませんか・・・
2020_1119大島おじさん.JPG
オジサンと言っても人間のオジサンではありませんわーい(嬉しい顔)
「ホウライヒメジ」という魚です。おそらくこんなにオジサンが群れているのは初めて見た気がしますわーい(嬉しい顔)
次の写真は人間のオジサン・・・しかも外国のオジサンわーい(嬉しい顔)
スクーター2020_1119大島〜.JPG
水中スクーターに乗った外国のオジサンでしたわーい(嬉しい顔)

水深?m・田子
ところ変わって、田子です。
いつもはキンギョハナダイの写真を載せるところですが、今回はこちらの写真・・・
2020_1119大島〜田子雲見40m.JPG
ちょっと分かりづらいですが、「サクラダイ」の群れを撮りに水深Imで撮りました。
残念なことに透明度がいまひとつ、サクラダイの固まり具合もいまひとつふらふら
次回チャンスがあれば、またチャレンジしたいものです。
翌日の雲見は透明度も良くなりました。
牛着岩の中から撮る写真は幻想的ですね・・・
2020_1119田子雲見穴.JPG

考えてみると水中では全くコロナなど気にしなくてよく、いざ船上や陸上に上がるとコロナを気にしてマスク着用・・・
早くこんな時が過ぎ去り、大声で笑ってダイビングの話ができる日まで、じっと耐えましょうパンチ
                       すやま

posted by ダイブエムエーイー at 14:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月05日

ベストシーズン突入・・・伊豆

皆様
伊豆の海はベストシーズンに突入いたしましたわーい(嬉しい顔)先週末に田子、黄金崎、安良里と潜ってきました。

キンギョハナダイが美しい田子
田子と言えば何といっても「キンギョハナダイ」が群れていて、水中に入ると水の色がオレンジ色かと思うほどですわーい(嬉しい顔)
田子kinngyo.JPG

大物から小物まで・・・黄金崎ビーチ
先ずはチヨ〜かわいい「オオモンカエルアンコウ」
イロ黄金崎.JPG
写真の左側に写っているのは私の左手の人差し指です。カエルアンコウちゃんは3mmくらいか?
ここまで小さい子が撮れたのは初めてかもしれませんぴかぴか(新しい)
次は砂地にじっとしている「大ヒラメ」を発見しましたわーい(嬉しい顔)
遠近感はあるものの、ヒラメの奥のお客様と比べると、いかに大きなヒラメかと想像できることと思います。
黄金崎hirame.JPG
黄金崎では他にもネジリンボウ、カマスの群れ、マダイ、トビエイ、などなど多種多様な生物を見ることが出来ました。

最終日は安良里でボート
安良里ではメジナの群れや、キンギョハナダイの群れも登場してくれました。
そんな中、ウミシダに生息する「コマチコシオリエビ」を撮りました・・・
安良里コマチ.JPG
カニのようにも見えますが、エビの仲間です。

透明度はどのポイントも20m前後は見えましたわーい(嬉しい顔)
水温も26度はあるので、フードベストも不要です・・・
まさにベストシーズンの伊豆ぴかぴか(新しい) 皆様もぜひご一緒しましょう・・・
                    すやま
       

posted by ダイブエムエーイー at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月24日

透明度抜群!!!西表

皆様こんにちは・・・シルバーウイークは国内旅行行かれましたか?
すやまはお客様のリクエストで西表島へ行ってきましたわーい(嬉しい顔)
西表は石垣島から船で一時間ほどで到着します。

石垣島と言えば・・・
石垣島と言えば島の英雄、沖縄の英雄・・・かの具志堅用高でちゅね・・・わーい(嬉しい顔)
離島桟橋にその銅像があります。
具志堅.JPG
何度となく西表に行きましたが、初めて記念写真を撮りましたパンチ

透明度抜群&激流
ダイビングの2日目に西表の有名なダイビングスポット「仲の神島」通称「オガン」へ行くことができました。
エントリーするとその抜群の透明度の良さが分かりました。恐らく30mから40mは見えていたでしょうわーい(嬉しい顔)
オガン1.JPG
見えているダイバーが捕まっている棚の上で水深18mほどです。
吐いている泡が、ダイバーの後方に流れていくのも見てわかると思います。
数は少なかったですが、大型のイソマグロやロウニンアジを見ることが出来ましたわーい(嬉しい顔)

サンゴもイキイキ
こちらの写真は浅い水深です・・・
エダ珊瑚がぎっしり群生して、イキイキしているのが見て取れますわーい(嬉しい顔)
サンゴ.JPG

最終日には数は少ないですが、バラクーダの群れも現れてくれました・・・
バラクーダ.JPG
オガンには1日しか行かれませんでしたが、西表の海を十分に満喫することが出来ました。

まだまだこれからが伊豆などもベストシーズンです・・・
ぜひ、海へご一緒しましょう。          すやま
posted by ダイブエムエーイー at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月03日

週明けは西伊豆へ・・・

さて、週が明けて黄金崎と田子へ行ってきました。
こちらは透明度が上がったそうですわーい(嬉しい顔)

圧巻の光景
黄金崎では、アオリイカの産卵床にイサキの子供たちがいて、そこにワカシ(ワカシ→ワラサ→ブリ)
と成長しますが、要するにブリの子供たちがそのイサキの子供たちを襲っていました。
そこに、カンパチやシマアジも参戦わーい(嬉しい顔)
アオリイカの産卵床だけあって、アオリイカもやってきます・・・
2020_0901kogane2.JPG
通常は何回か襲ったらどこかへいなくなってしまいますが、永遠とお食事をしていました。
もうワラサに成長するのも、あっと言うまでしょう。

黄金崎のアイドル、真鯛のダイチャンも元気でした。
2020_0901kogane1.JPG

他にはネジリンボウが多くみられました。
珍しい、ニシキフウライウオもカメラにおさめることが出来ました。
2020_0901kogane3.JPG

これから伊豆は良い時期になります・・この秋もダイビング楽しみましょうexclamationexclamationexclamation
                     すやま
                   
posted by ダイブエムエーイー at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

先週末 伊戸へ・・・

毎年の恒例で、お客様からのリクエストで伊戸へ行ってきました。
今年は透明度が今一つでしたが、沢山のドチザメとアカエイを見てきました。

大迫力の光景
伊戸と言えば、ここ数年ドチザメの餌付けで有名になり、お客様も増えてきているようです。
そんな中・・・このシーン
2020_0828伊戸same3.JPG

2020_0828伊戸same2.JPG

いかがでしょう?何匹のドチザメがいるか分かりません・・・
最近ではサメも相当慣れてきて、お客様が餌付けすると噛まれたりする事もあるそうで要注意です。
昨年は館山を襲った台風で行くことが出来ませんでした。
今年は潜れたものの透明度が今一つ。
参加された皆さんの水中写真も・・・
2020_0828伊戸minnna.JPG

透明度が良ければ、後ろにサメがうじゃうじゃ写っていることでしょう・・・
来年はうじゃうじゃのサメと記念撮影しましょうパンチ
今年もありがとうございましたわーい(嬉しい顔)  すやま

posted by ダイブエムエーイー at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月21日

宮古島報告・・・

皆様こんにちは
宮古島へ行ってきました・・・宮古の海の報告ですわーい(嬉しい顔)

地形と光
宮古島と言えば穴と、そこに射しこむ太陽の光。
自然が織りなす、ダイバーでしか見ることのできない光景が目の前に広がります。

「ミニ通り池では・・・」
2宮古あな.JPG
水中から穴に入り、陸上から見ると池(実施には海とつながっています)に浮上する瞬間をとらえた写真です。

「Wアーチ・・・では」
あな1宮古.JPG
穴の中から外の光と、ダイバーを入れて撮ってみましたわーい(嬉しい顔)

「L字アーチ・・・では」
アーチをくぐりぬけると、そこには数千、数万の「スカシテンジクダイ」・・・
ダイバーが光を当てていますが、全体は雲のように見えるのが分るでしょうか?これほどの数のスカシテンジクダイは初めて見ましたがく〜(落胆した顔)
すかてん1.JPG
これらの写真は、その時の透明度、他のダイバーの数、太陽の位置などが絡み合った、まさに「一期一会」の瞬間ですぴかぴか(新しい)

かわいい小物
もちろん宮古島では地形だけでなく魚影も豊富です。今回はホソカマスの群れや、ナンヨウハギ、大物ではロウニンアジなど数え上げたらキリがないほどです。
そんな中、かわいい一枚・・・
みやこモンツキ.JPG
モンツキカエルウオ〜わーい(嬉しい顔)
頭の大きさ8mmくらいです。そんな小さな顔や体の中に摩訶不思議な模様が彩られているじゃありませんか・・これも自然のなせるわざですね。
MAEでは9月にも宮古島ツアーがあります。ご参加の皆様、宮古の海を満喫して来てくださいパンチ
                  すやま



posted by ダイブエムエーイー at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記