2024年01月16日

パラオ最高!!!(陸編)

海編に続いて陸上もご紹介いたします。

パラオで一番PPR
パラオで一番のリゾートいえば、パラオパシッフィクリゾート通称PPRでしょう・・・
昔は何度か宿泊したことがありますが、最近は値段もドンドン上がってきたので最近ではご無沙汰ですふらふら
とはいえ、最終日にランチにお邪魔しました。
レストランからの風景がこちら・・・
2024_0107PALAU0PPR.JPG
なんとも素敵な風景ではありませんかぴかぴか(新しい)
一度はお勧めですわーい(嬉しい顔)

最終日のディナーはこちらで・・・
「ELILAI」というお店で、海沿いのテラス席を予約していくと・・・
2024_0107PALAUELIRAI.JPG
こんな夕景を楽しみながら食事も楽しむことが出来ますわーい(嬉しい顔)

やはりパラオは何度行っても素晴らしいダイビングスポットでしたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

追記
1/8に帰国して、1/9に羽田沖で調査のお手伝いで潜りました。
水温30度、透明度30m以上の海から水温12度、透明度2mの海へがく〜(落胆した顔)
いや〜痺れました〜〜〜          すやま
posted by ダイブエムエーイー at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

パラオ最高!!!(海編)

皆様 あけましておめでとうございますわーい(嬉しい顔)遅ればせながら新年のご挨拶、申し上げます
2024年1/2〜8の日程でパラオに行って来ました。
私としては数えてみたら、なんと33回目のパラオでしたわーい(嬉しい顔)
それだけお客様からのリクエストも多く、私もツアーを組むことも多いという事ですね・・・
コロナが開けたとは言え、来島者は以前に比べたら30%程度だそうです。
しかしその分、海は元気わーい(嬉しい顔)パラオのオールスターズは健在でした。

オールスターズの先陣はマンタから
マンタの出るポイント「ジャーマンチャネル」へは3回行きました。
一番乗りでエントリーした時には、最高で6枚のマンタが現れてくれましたわーい(嬉しい顔)
その時に撮った写真がこちら・・・
2024_0107PALAUマンタ.JPG
ガイドさん曰くこのポジションは「ファーストクラス」の席だとかわーい(嬉しい顔)
バッチリと撮れた一枚でした。

2番手はギンガメアジ
ジャーマンチャネルを後にして、次は「ブルーコーナー」です。
沖からエントリーして、壁を右手に見ながら進んでいくと、いました「ギンガメアジ」の群れです。
2024_0107PALAUginngame1.JPG
数百〜千はいるかな・・・圧巻の群れが姿を現してくれましたわーい(嬉しい顔)

3番手はバラクーダの群れ
こちらもしっかりと群れてくれました「バラクーダ」です
2024_0107PALAUbara.JPG
一匹は1m弱くらいの大きさで、100匹以上が群れています。こちらも大迫力でした。

オールスターズの締めはこちら
ブルーコーナー(大きな棚)の上では「ナポレオン」が私たちを迎えてくれました・・・
2024_0107PALAUnapo2.JPG
ナポレオン君はダイバーに近づいてくれます。
本来ナポレオンは警戒心が強い魚で、他の所で会うナポレオンは決してダイバーに寄っては来ません。
昔のパラオのナポレオンは餌付けされて、寄っては来ましたが、餌付けが禁止されて10年以上たっているので、世代も変わっています。なのに寄ってきますパラオでは・・・わーい(嬉しい顔)

他にもグレイリーフシャーク、インドオキアジ、タイマイ(ウミガメ)、ミヤコテングハギ、などなど
やはりパラオの海は最高でしたexclamationexclamationexclamation            すやま






posted by ダイブエムエーイー at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年11月06日

日帰りの黄金崎11/4

11/4(土)日帰りで黄金崎に行って来ましたわーい(嬉しい顔)
3連休のど真ん中でしたが、意外にも海はそれ程混雑感はありませんでした。
一週間前の土曜の方が混んでいて、連休の方が空いているとはいるとは「これ如何に?」という感じでした。
最も海況が東伊豆、西伊豆、いずれも絶好のダイビング日和だったので、あらゆるポイントに分散したのかなと思っていますわーい(嬉しい顔)

超・チョ〜カワイイ「クマドリカエルアンコウ」
さて、先週は3個体ほど出現していた「クマドリカエルアンコウ」でかなり捜したのですが見つける事が出来ませんでした。しかし今週は5個体に増えて、すやまも出会う事が出来ました。それがこの子・・・
2023_1104クマドリ1.JPG
左側に写っているのが、私の人差し指の爪です・・・
それを考えると、この子は5mmほどしかありませんわーい(嬉しい顔)
なんとカワイイ子なのでしょうハートたち(複数ハート)

一匹でも「ニシキフウライウオ」
先週は田子のニシキフウライをアップしましたが、今週は黄金崎の「ニシキフウライウオ」の登場です。
2023_1104日帰り黄金崎nisiki.JPG
実は先週もいたのですが、先週とは違う場所でのニシキ君です。
このそばには、2匹でいるニシキ君達も見ることが出来ましたぴかぴか(新しい)ニシキフウライウオも5個体ぐらいは確認されているようですわーい(嬉しい顔)

いつものアイドル
黄金崎といえば定番のアイドル「ヒレナガネジリンボウ」君達も健在でした。
2023_1104日帰り黄金崎ヒレネジ.JPG
そして、真鯛の「ダイチャン」
2023_1104日帰り黄金崎dai.JPG
ダイチャンもダイバーに寄り添い、楽しませてくれましたわーい(嬉しい顔)
写真には撮れませんでしたが、「カツオ」も数匹走り回って、キビナゴを追いかける姿は私たちの目を楽しませてくれます。

水温24度、透明度20m、秋の伊豆を堪能して来ましたわーい(嬉しい顔)
       すやま
posted by ダイブエムエーイー at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年10月30日

西伊豆3日間

先週の木・金・土の3日間、お客様のリクエストで西伊豆に行って来ました。

初日は田子
田子では白崎というポイントで「ニシキフウライウオ」に出会えました。
2023_1028旅館ツア田子.JPG
一匹でもニシキフウライウオとはこれ如何に?なんて思っていたら・・・写真を見たら、後ろにもう一匹いるじゃありませんかわーい(嬉しい顔)
これで二匹フウライウオとなりましたわーい(嬉しい顔)かなりくだらないオヤジギャグですねちっ(怒った顔)

2日目は土肥
土肥の「さく根」という中・上級者むけポイントでは、イサキやキンギョハナダイが数多く群れていました。
そんな中、お客様がジッ〜と中層から下を見て、思わず何かいた様子・・・
2023_1028旅館ツアーカンパ.JPG
「カンパチ」のギュッと群れた集団が走り回っていました。
ピントが甘いのが残念ですが、躍動感のある一枚が撮れました。
コンピュータは気にしながら潜っていましたが・・・ちょっとだけ30mを超えてしましましたふらふら反省パンチ

3日目は黄金崎
黄金崎では以前から「チンアナゴ」が確認されていて、1匹だったのが2匹に増えた・・・とこのブログでもご紹介しました。
ところが今回わーい(嬉しい顔)
2023_1028旅館ツアー黄金崎チン.JPG
5匹に増えていましたわーい(嬉しい顔)
このままいくと、南の島のように一面「チンアナゴ」なんていう景色になるかもしれませんねがく〜(落胆した顔)
地球温暖化の波は西伊豆にもやってきている事を実感した瞬間でした。

水温はいずれのポイントも23度わーい(嬉しい顔)
さあ、まだまだ熱い伊豆の海へ出かけましょう!!!
                  すやま
posted by ダイブエムエーイー at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年10月16日

行って来ました久米島

皆様 おはようございます
10/7〜10で久米島に行って来ましたわーい(嬉しい顔) 久米島に行くのは、おそらく10年ぶり位だと思います。
記憶には新しいかと思いますが、ツアーの直前には台風14号が通過して潜れたり、潜れなかったりの日々だったようです。
海は大丈夫かな?と思いつつ最初の一本目

シイラの群れだぁ〜
初日エントリーしてすぐの事でした・・・
久米島シイラ.jpeg
なんとシイラが群れているじゃありませんかわーい(嬉しい顔)
これまで2〜3匹のシイラは数回は見たことがあるものの、群れは初めて。写真を撮る間もなかったので、今回お世話になったダイビングサービスの「JIC久米島」さんに写真をお借りしましたわーい(嬉しい顔)
JICさん曰く、こんなことは「10年に一度あるぐらい・・・」
今回参加の皆さん「持ってますね〜」

マンタも出た〜
2日目の一本目はマンタポイントへGo
ガイドさんは見られるかは判りませんよ・・・と保険をかけつつもふらふら
出ました〜マンタ!!!
2023_1009久米島mannta.JPG
しかも2枚だぁ

トンバラでは・・・
久米島には「トンバラ」というバラクーダの群れやギンガメアジの群れなどが見られる、いわゆる大物ポイントがあります。今回は入れないかなと思っていましたが、意外にも入ることが出来ました。
そこでは・・・
2023_1009久米島トンバラ1.JPG
残念ながら、大物とはいきませんでしたが「ウメイロモドキ」を狙う「カスミアジ」などを見ることが出来ました。
とても透明度が良い中、胸躍る光景が繰り広げられましたわーい(嬉しい顔)

小物から地形まで
さて、大物ばかりでなく小物君も私たちを楽しませてくれました。
2023_1009久米島モンツキ.JPG
久しぶりの登場「モンツキカエルウオ」君です。なんと愛嬌のある表情、美しいデザインなんでしょうぴかぴか(新しい)
そして、地形を楽しめるポントでは・・・
2023_1009久米島hikari.JPG
こんな美しい光景を見せてくれました。

ここ数年、沖縄と言えば宮古と石垣島、西表島ばかりでしたが久米島もいいですね〜わーい(嬉しい顔)
今回の皆さんから来年の予約も頂きました〜ぴかぴか(新しい) 
                          すやま




posted by ダイブエムエーイー at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年09月26日

4年半振りの海外ツアー(海編)

続きまして、モルディブ「ミリヒ」の海編です・・・

「コバンザメ」群れてる
ミリヒでの1本目はリゾートの前のビーチダイビングでした。
ポイントのその先には沈船があり、「コバンザメ」が群れていました。
何かの映像で見た記憶はありましたが、実際に群れているのは初めて見ました。
2023_0922MIRIHIコバン.JPG
ところでコバンザメってサメの仲間ではなく、スズキの仲間で実は美味しいそうですわーい(嬉しい顔)
一度食べてみたいものですねexclamation

「ムスジコショウダイ」
よくモルディブの水中映像で見るコショウダイの仲間です。
2023_0922MIRIHI0040コショウダイ.JPG
ムスジコショウダイと記載しながら、黒い線を数えると7本あるのがほとんど・・・
合っているのかなふらふら
正解が別にあれば、どなたか教えて〜〜〜

根を覆いつくす「ヨスジフエダイ」
モルディブの有名なポイントの一つ「クダラティラ」
ここでは大量の「ヨスジフエダイ」が群れています。以前にも来た記憶はあり、ヨスジフエダイが多かったのは覚えていますが、その時の何倍にも膨れ上がっていました。
2023_0922MIRIHI0yosuji1.JPG
いったいどれほどいるのでしょう?数千・・・もしかしたら万の単位かもしれませんわーい(嬉しい顔)
そんなことを水中で考えているうちに、もしかしてできるかな?と思い撮った一枚がこちら・・・
2023_0922MIRIHIyosuji2.JPG
ヨスジフエダイをバックに自撮りわーい(嬉しい顔)
撮れちゃった〜ぴかぴか(新しい)

伊豆には伊豆の海の面白さがあり、沖縄には沖縄の海の面白さがあり、そして海外にはその国のそのポイントでの面白さが溢れています・・・
皆さんも楽しい海にでかけましょうexclamationexclamationexclamation
                             すやま


posted by ダイブエムエーイー at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

4年半振りの海外ツアー(陸上編)

皆様こんにちは
なんと4年半振りに海外ツアー・モルディブに行ってまいりましたわーい(嬉しい顔)
あいだにコロナでの自粛などもあり、須山は4年半もの間海外に行っていなかったのですがく〜(落胆した顔)
今回、お客様のリクエストでモルディブのアリ環礁の南にある「ミリヒ」というリゾートに行って来ました。

水上飛行機
国際線が到着する島から遠いリゾートは、水上飛行機で移動します。
2023_0922MIRIHITAXY.JPG
多くても15〜6人の乗客とパイロットなど乗務員が3人の飛行機です。
そしてリゾートの目の前にある、浮桟橋に到着します。桟橋にはMIRIHI International Airport と書かれています、とても洒落ていますね・・・わーい(嬉しい顔)
2023_0922MIRIHITAXY2.JPG
そして飛行機はすぐに次のリゾートへ・・・

夕暮れのMURAKA
リゾートには水上のバー「MURAKA」があり、夕日を眺めながらビールやワイン、カクテルを楽しみにゲストが集まってきます。
2023_0922MIRIHImuraka.JPG
なんとも美しい光景が広がります・・・わーい(嬉しい顔)
こんな時、外国人のカップルのシルエットは絵になりますねぴかぴか(新しい)
2023_0922MIRIHI夕日.JPG

ディナータイム
夕食はビュッフェスタイル・・・写真では判りづらいですが、1m先は海ですわーい(嬉しい顔)
2023_0922MIRIHディナー.JPG
もちろん毎日メニューは変わるので、飽きることなく食事とワインを楽しみながら、ゆったりと時間を過ごすことが出来ます。・・・海編へ続く



posted by ダイブエムエーイー at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年08月21日

恒例・土肥の花火ツアー

先週末は金・土で、毎年恒例の土肥ダイビング&花火ツアーに行って来ました。
ご存じの通り、先週の前半は台風7号が日本列島にやって来ました。
当初の予想よりは進路が西にずれたため、何とかうねりもおさまり波はOKわーい(嬉しい顔)
大雨による透明度の悪化もそれほどなく、10mは見えている海でした。わーい(嬉しい顔)
新幹線も前日の木曜日は大混乱だったようで、終夜運転をしたそうですねがく〜(落胆した顔)
JR東海やJR西日本の方にも感謝です。
伊豆地方はダイビングが出来る状態でしたが、その分西日本では大きな被害が出ていますね・・・お見舞い申し上げます。

先ずは海のお話・・・
さて、初日は土肥でボートダイビングです。
沈船と八木沢の漁礁に潜りました。
八木沢の丘漁礁では、「カンパチ」の子供たちが元気に泳ぎ回っていました。
2023_0819土肥花火カンパチ.JPG
彼らはずーっとキビナゴを捕食しながら泳ぎ回っています。秋になるころには身体も大きくなり、更に私たちを楽しませてくれることでしょう・・・わーい(嬉しい顔)

夜は花火
宿泊している「わだつみ」さんが船を出して海上から花火鑑賞です。
隅田川花火は今年100万人来たとかがく〜(落胆した顔)
わだつみの船の上は10数人ですわーい(嬉しい顔)
2022_0820土肥花火0017.JPG
30分ほどですが、混雑のない船上からの花火は大好きです・・・

2日目は安良里でボートダイビング
一本目に現地のガイドさんのグループと一緒に潜りましたが、その中のお客さんがずっと上を見ていたので、つられて見てみると「ハンマーヘッド」がいるじゃありませんかわーい(嬉しい顔)
残念ながら写真に納めることはできませんでしたふらふら
まだまだ夏は続きます、そして秋の伊豆はベストシーズン!!!
さあ、もっともっとダイビング楽しみましょう!!!                すやま



posted by ダイブエムエーイー at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年08月07日

サメ乱舞

皆様
いや〜暑いですねふらふら
この暑さで投稿が遅くなってしましました・・・先月7月の末に、お客様のリクエストで館山の伊戸へ行きサメの乱舞を見てきました。
2023_0728伊戸0017 doti.JPG
今年もドチザメが大集合わーい(嬉しい顔)
例年より「アカエイ」の数が減った気がしますが、「ドチザメ」君達は相変わらずの大集合でした。

大集合の下で
ドチザメ大集合の下で、お客さまから写真を撮っての合図ぴかぴか(新しい)
何とか撮ったのがこの1枚カメラ
2023_0728伊戸大久保さんと末光さん.JPG
頭の上はサメだらけ、透明度も抜群ではないので、この写真が精一杯ふらふらご勘弁ください・・・

鳥だ
伊戸ではサメを餌付けすることにより、ドチザメ、アカエイ、クエなどが大集合してきます。
今年はその餌を狙って、鳥もやって来ました。
2023_0728伊戸 ウミウ.JPG
下のダイバーの泡などで撮りずらかったのですが、まさしく水中の鳥ですわーい(嬉しい顔)
こんな光景を見るのは数十年ぶりです。
ダイビングサービスのブログでは「カワウ」と言っています。
海にいるのだから「ウミウ」では?とも思うのですが、調べてみると見分けは非常に難しいとの事です。
皆さんももし行くことがあればカワウかウミウか?よ〜く見てみてください。

まだまだ暑い夏は続きそうです、さあ海へでかけましょう・・・               
                                          すやま
posted by ダイブエムエーイー at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年07月24日

石垣島・・・マンタだあ〜

皆様こんにちは・・・書込みが遅くなりましたが、先週海の日がらみで石垣島に行って来ました。
ここ4〜5年、毎年海の日に絡めて石垣島にツアーで行ってましたが、やっとマンタに出会うことが出来ましたわーい(嬉しい顔)

マンタだあ
初日に「石崎マンタスクランブル」で狙って行きましたがハズレもうやだ〜(悲しい顔)
2日目今度は「石崎マンタシティー」で先ずはエントリーするまでに、他の船のダイバーが上がるまで30分船上待機がく〜(落胆した顔)
水中でも30分ほど待って「あ〜今日もハズレか・・・」と思ったときに・・・
2023_0717石垣島mannta1.JPG
3〜4mはある超大型のマンタが登場してくれましたわーい(嬉しい顔)
9月から10月は高確率で見られるようですが・・・今回は大当たりでしたexclamation

カメと記念撮影
「大崎タートルリーフ」では高確率でカメと遭遇出来ます。
お約束の、みんなで記念撮影ですわーい(嬉しい顔)
2023_0717石垣島kame.JPG
皆さんもっと寄って〜とギリギリまで寄っていただいてパチリカメラ
カメに逃げられないように、そっと近寄るのも技の一つですね・・・

キンメモドキの大群
この季節、砂地の根にはスカシテンジクダイやキンメモドキがどっさり付いています。
2023_0717石垣島キンメモドキ.JPG
彼らはグルグル泳いでいますが、根から離れる事は無いので格好の被写体ですねぴかぴか(新しい)

ブルーサンタと共に
ダイビングサービス「ゆいマーレ」のガイドのまなみちゃんが、ブルーのTシャツとサンタの帽子をお客様から頂いてそれを着て潜りました。
・・・なので、みんなで記念撮影です。
2023_0717石垣島 ブルーサンタ.JPG

夜は石垣牛の焼肉や、沖縄料理の居酒屋、島野菜をふんだんに使ったイタリアン等、昼も夜も充実した4泊5日の石垣ツアーでしたわーい(嬉しい顔)
さあ、まだまだ夏は始まったばかり、海をダイビングを楽しみましょう・・・
安全にねわーい(嬉しい顔)
                                  すやま



posted by ダイブエムエーイー at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年06月23日

伊豆大島そして西伊豆田子

皆様こんにちは
先週の6/14-16は伊豆大島・・・そして今週月曜6/19は西伊豆田子へ行って来ました。
田子でカメラを水槽に漬けたまま忘れて帰ってしまい、今日カメラが届きましたふらふら
・・・というわけで、本日の投稿となりましたわーい(嬉しい顔)
記憶に新しいかと思いますが、先週の前半は台風3号が日本の南岸を通過して、大雨などが太平洋側を襲いました。その影響もあり、透明度が今一つではありましたがダイビングを楽しんできました。

大島は秋の浜
なんと言っても大島のメインスポット秋の浜では、イサキの群れがグルングルンわーい(嬉しい顔)
その中に1m級のブリが一匹。
次に見たときは80Cm級のカンパチが一匹。残念ながら透明度が悪い時は、そいういった写真は上手く撮れません。
そんな時は、マクロの世界へ・・・「クマドリカエルアンコウ」くんですわーい(嬉しい顔)
2023_0619大島keru1.JPG
写真をよく見ると顔の前にオレンジ色の「エスカ」があるのが判りますか?
これを疑似餌にして、小さな魚などを誘い「パクリ・・・」と行くわけですわーい(嬉しい顔)
TVなどでは見たことがありますが、実際に海の中ではまだ見たことはありません・・・見てみたいものです。

次にご紹介するのが「キシマハナダイ」
2023_0619大島kisima.JPG
少しばかり向きが悪いのでですが、レアな魚だという事なので不本意ながら載せる事にしました。
でも美しさは伝わるのではないかと思います。大島では最近多く見ることが出来て、レアさが薄れているとの事でした。

田子の白崎
さて、こちらも台風の影響が残っていたのか、透明度は今一つ・・・ふらふら
そして、そんな中「オオモンカエルアンコウ」くんです。
2023_0619田子kaeru1.JPG
大島のクマドリは4pくらいでしたが、こちらは20cmほどの大型種です。
どこに目があり口があるのか、よ〜く見てくださいね・・・

まあ、台風後の状況の悪い中、またそれ以外の異なった要因でも、それなりに楽しみ方や見方を変えて海を楽しみましょうわーい(嬉しい顔)
あっ・・・それと忘れ物にはくれぐれも注意ですちっ(怒った顔)
                        すやま
posted by ダイブエムエーイー at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年05月08日

GW宮古島

行って来ました宮古島
5/2〜5/6で宮古島に行って来ましたわーい(嬉しい顔)
天候にも恵まれ3日間ダイビングを楽しむことが出来ました。
宮古島と言えばケーブやアーチなどの地形と、そこに射しこむ光などで美しい光景を楽しむことが出来ます。
そんな、一枚がこちら・・・
2023_0505宮古ho-ru1.JPG
クロスホールというポイントで、そこに射しこむ太陽の光とダイバーを撮った写真です。
こういった、ホール状の地形に射しこむ光の光景って結構いや、かなり好きだったりしますわーい(嬉しい顔)

かなり慣れているカメ
バベノヤというポイントではアオウミガメやタイマイ(ウミガメの一種)などを数匹見ました。
・・・が、このカメはかなり人慣れしているのか、かなり近づく事が出来ます。
2023_0505宮古kame1.JPG
おそらく、以前もここで写真を撮らせてくれた記憶があります。
かなり大きなアオウミガメですわーい(嬉しい顔)

最期はこちら・・・
さて、最後に紹介するのはこちら「ホソカメス」の群れです。
2023_0505宮古kamasu1.JPG
多分200〜300匹の群れでしょう。
これぐらい固まっていると絵になりますね・・・ぴかぴか(新しい)
コロナも落ち着き、以前のゴールデンウイークにほぼ戻った気がします。
久しぶりに宮古の海を満喫した3日間で、これからの海がさらに楽しみになりましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
                          すやま



posted by ダイブエムエーイー at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年03月23日

今年も最初は奄美のクジラ

今年もツアー初投稿は奄美大島のクジラ(3/16〜21)からですわーい(嬉しい顔)
今年で4回目・・・これまでの中で一番の大当たりですパンチ
以前の投稿で、「いい子は水中で止まる」と書きましたが、実際に止まるとはどういうことなのか今回よくわかりました。
先ず母クジラが水中で止まり、子クジラは泳いで遊んでいます。遊んでいますが必ず止まっている母のもとに戻るのです。この時に子供を写真に撮ろうとして追いかけると、母が気にして動き出します。
なので、決して子供を追いかけてはいけないのです。
私たちは水中でじっとしている母の水面上で、子の写真を撮ったり最終的に動き出した母と子を同時に写真に収めたりするのです。
2023_0320あまみくじら1.JPG
この写真の下の方に、母クジラがうっすら写っているのが判りますでしょうか?
母は水深15mくらいでジッとしていて、子クジラは遊びまわっていますわーい(嬉しい顔)
2023_0320あまみ2.JPG

焦っていると・・・
私のカメラは広角のレンズをハウジングの外から取り付けるタイプです。しかもその際にレンズとハウジングの間に水を入れなければ、空気が入ってしまうため水中でレンズを取り付けます。
エントリーOKの合図が出てクジラに接近しながら、この取り付けが結構難儀で焦ります。
すると・・・
2023_0320あまみ手.JPG
レンズをセットしながらシャッターを切っていたりして、このような手のアップなど何枚もありましたがく〜(落胆した顔)

最接近
今回のツアーの中で最接近した写真がこちら・・・
2023_0320あまみ4.JPG
この時どんどん近づいてきて、とにかく撮った一枚です・・・
この後、子クジラ君は私にぶつかりましたわーい(嬉しい顔)
しかも2回ぴかぴか(新しい)

今回、天候にも恵まれ、止まるクジラに毎日出会い、本当に素晴らしいツアーでした・・・
欲を言ったら切りは無いのですが、透明度が良ければ水中の母クジラまでばっちり撮れたでしょうわーい(嬉しい顔)
大満足のクジラツアーでした・・・
                      すやま
posted by ダイブエムエーイー at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年02月28日

こんなはずじゃなかった3…真逆バージョン

前回投稿の通り、東北地方への水温調査のお手伝いに行って来ましたわーい(嬉しい顔)
例によって、調査前日に宿について打ち合わせです・・・

先ずは06:30宿出発 フムフム
07:00 港集合 まあ標準の距離です
07:30 出港  いい感じわーい(嬉しい顔)
08:00 調査開始 おっ、更にいい感じわーい(嬉しい顔)
調査時間は40〜50分らしいわーい(嬉しい顔)
09:30帰港予定
ん・・・待てよ、いつもは実施してみると「こんなはずじゃなかった〜」となるので気を緩めてはいかんと思いいつつ、調査当日・・・

こんなはずじゃなかった3…真逆バージョン
広野.jpg
予定通り 出発・港着・出港
調査開始07:50(おっ10分早い)
調査の内容は、水温を取る機械を水底まで降ろして引き上げるだけ・・・
これを6地点
09:10帰港(おおっ20分早い)
普段の調査から考えると「こんなはずじゃなかった、ラッキーラッキーラッキー」
終了後、車で移動して12:30には東京に到着していましたわーい(嬉しい顔)

来月も、今度は日本海で水温調査が予定されています。
こんなラッキーは無いと心に言い聞かせて行って来ま〜すわーい(嬉しい顔)
              すやま










posted by ダイブエムエーイー at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年02月14日

こんなはずじゃなかった2

皆様こんにちは
まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
2023年が明けて、はや一ヵ月半も過ぎてしまいましたがく〜(落胆した顔)
やっとこさの初投稿で〜すふらふら
2月某日、西日本の某発電所近辺の海域での、水温調査の仕事に行って来ました。
移動には、東京駅から新幹線「のぞみ」わーい(嬉しい顔)
「こだま」新幹線には乗車した記憶はあるものの、「ひかり」ですら乗った記憶はありません。
ましてや「のぞみ」は人生初めて・・・その速さに感激した次第です。
そんなワクワク気分を胸に、調査前日の宿に夕刻到着して明日の打ち合わせです。

こんなはずじゃなかった2
大体の調査は朝早いことがほとんどです。
翌日の調査開始時刻も07:00から・・・フムフム
そこから逆算して、港出港が06:15頃・・・フムフム
(まあポントまでは30分ぐらいはかかるから)
いろいろな器材を船にセットすのに05:45〜・・・フムフム
(まあ、シッカリと装備できていないとね)
器材を倉庫で準備するのが05:00〜・・・アレレ
(重たい器材や、一人では持てない大きな物もあるし)
宿出発するのが04:00・・・アレレレレ〜
(え〜宿から倉庫まで1時間がく〜(落胆した顔)
起床して、トイレ行ったりなんだかんだ準備に30分
3時起床だ〜がく〜(落胆した顔)
こんなはずじゃなかった〜
ikata.jpg

・・・そんな早起きにもめげずに水温調査に行ってまいりましたわーい(嬉しい顔)
今月は東北の某所で同じく水温調査の予定が入っています。
こんなはずじゃなかった3お楽しみに〜がく〜(落胆した顔)
                               すやま



posted by ダイブエムエーイー at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年12月09日

こんなはずじゃなかった…

みなさま こんにちは
いよいよ2022も12月に入りました、元気でお過ごしでしょうか?
昨日は海洋調査の仕事で羽田の滑走路近くで潜ってきましたわーい(嬉しい顔)
PXL_20221208_羽田3.jpg
さて、羽田にはA,B,C,Dの4本の滑走路があるのはご存じでしょうか?
A〜Cは陸上にありますが、D滑走路は海上に作られました。
PXL_20221208_羽田2.jpg
千本以上の柱に支えられた滑走路です。チョットした豆知識でしたわーい(嬉しい顔)

こんなはずじゃなかった
昨日は風もなく、気温は14℃、水温も14℃
夏に比べたら勿論寒いのですが、ドライスーツを着ればばっちりの予定が「こんなはずじゃなかった・・・」
PXL_20221208_羽田1.jpg
エントリーして判ったのですが、左の腕にあるZマークの排気バルブから空気が抜けませんがく〜(落胆した顔)
通常の手順だとドライの空気を抜いて、次にBCの空気を抜いて潜降します。
そこでどうしたかというと、BCに空気を入れてなるべく身体を浮かせ水面でドライスーツの首の所を引っ張り空気を抜きました。
ドライの空気は抜けましたが、最後ギリギリで水も入りました(ひゃあ〜)
水深は最大2m平均1.4m 潜水時間93分 こんなはずじゃなかった〜
                                すやま


posted by ダイブエムエーイー at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年11月15日

まだ暖かく・・・西伊豆

先週11/10〜12で西伊豆に行って来ました。
水温はいまだに24℃、天候にも恵まれてお客様には3日間のダイビングを楽しんでいただけたようですわーい(嬉しい顔)

11/10田子
田子では外海の「フトネ」と湾内の「白崎」を潜りました。
白崎で「ニシキフウライウオ」を撮ることが出来ました。
全長15pほどすが、ニシキフウライとしては大物です。ドアップを撮影出来ましたわーい(嬉しい顔)
2022_1112nisiki.JPG
つぶらな瞳が何とも言えませんね・・・

11/11黄金崎
この日黄金崎はチンアナゴの日と銘打っていました。11/11なので如何にも1111でチンアナゴのようだからとの事でした。もちろん見ることが出来ましたが、前回の海洋実習の記事でご紹介したので今回はスルーします。
今回ご紹介するのは「オオモンカエルアンコウ」極小サイズ
2022_1112kaaer.JPG
左側に見えているのは私の人差し指の先端です・・・そう考えるカエルアンコウは5mmくらいかな?
肉眼で見ても可愛いかどうか判りません。写真で見るとナント可愛いことでしょうわーい(嬉しい顔)
次に出てきたのは「ツバメウオ」の小学生くらいの子です。
2022_1112tubame.JPG
南の魚なのでいかに今の伊豆の水温が高いかが判ります。
そして、黄金崎の砂地を移動していると・・・
2022_1112イソギンチャク.JPG
「スナイソギンチャク」です。あまりにも綺麗だったのでカメラ

11/12安良里
安良里のボートポイント「沖の根」に潜りました。最近みつけられた「クダゴンベ」君です。
2022_1112kuda2.JPG
6月の大島で会ったクダゴンベに比べ、色が濃いです。・・・というより今まで見てきたクダゴンベの中で一番色が濃い気がしました。
沖の根の浅い水深では「キビナゴ」群れていました。
2022_1112キビ2.jpg
このキビナゴを狙ってカンパチが10匹程で編隊を組んで襲いかかります。
キビナゴたちはサッと散り、また固まる。そんな秋の海の大好きな光景が、目の前で繰り広げられました。

大満足の3日間でしたわーい(嬉しい顔)      すやま




posted by ダイブエムエーイー at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年10月18日

ダイバー仲間が誕生

皆様こんにちは・・・先週の10/14-15で黄金崎で海洋実習を実施してきました。
無事に2日間の海洋実習を修了して、ご夫婦のダイバー仲間が誕生しましたわーい(嬉しい顔)
2022_1015武馬さん実習KUMA.JPG

ダイチャンも大歓迎
黄金崎のアイドル、マダイのダイチャンも歓迎してくれましたわーい(嬉しい顔)
2022_1015武馬さん実習daiCyan.JPG
歓迎してくれたのは良かったのですが、すやまがマスク脱着のデモンストレーションをするとダイチャンが外したマスクに向かって襲ってきました。
正確に言うと、恐らくスノーケルの先のオレンジ色のカバーに向かっていたようでした。
マスクを着けると襲っては来ないのですが、外した途端の大ハプニングでしたがく〜(落胆した顔)

チンアナゴが2匹に
さて、黄金崎では3か所ほどチンアナゴが確認されていました。どれも1個体づつで、それぞれはかなり距離が離れていました。
ところが今回なんと2匹が近付いているじゃないですかわーい(嬉しい顔)
2022_1015武馬さん実習 Chin ana.JPG
いったい何時、移動したのでしょうexclamation&question
この調子で更に増えていくと楽しいですねぴかぴか(新しい)

今回は東の風が強かったものの、西伊豆は穏やかな水面でした。水温24〜25℃、透明度10〜12m
キビナゴ、カンパチ、イサキ、カマスの群れなども見ることができて海を満喫できたのではないでしょうかexclamation&question
海の2日間、プールも併せたら3日間お疲れさまでした、これからもよろしくお願いします。。
si prega di continuare su Diving(あっているかな?わーい(嬉しい顔)
                                   すやま





posted by ダイブエムエーイー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年09月21日

台風14号もセーフ 宮古島

猛威を振るった台風14号でしたが、9/17〜20で宮古島へ行って来ました。
かなり強烈な台風でしたが、奄美大島から九州に向かってくれたのでギリギリ宮古島はセーフでしたわーい(嬉しい顔)
今年はギリギリで台風をかわしているようです・・・

穴の中
宮古島のポイントと言えばケーブや穴が多く、そこに射しこむ光などで美しい光景を生み出してくれます。
そんな一枚がこちら・・・
2022_0919みやこ hikari.JPG
そして、その穴の中ではたくさんの「アカマツカサ」が群れています。
2022_0919みやこakamatu.JPG
水中ライトを当ててみると良くわかります。
更に探してみると土肥では脱皮の後の抜け殻でしたが、今回はちゃんと生きています「イセエビ」君ですわーい(嬉しい顔)
2022_0919みやこiseebi.JPG

イソギンチャクも白化
海水温が高くサンゴが白化すると聞いたことがあると思います。そしてイソギンチャクも白化するのをご存じでしょうか?
2022_0919みやこkumanomi2.JPG
「カクレクマノミ」が住処としているイソギンチャクも白化していました。こんなところにも地球温暖化の影響が出るんですねがく〜(落胆した顔)

心の目
久しぶりに皆さんの心の目を頼りにする1枚です。
2022_0919みやこ madara.JPG
写っているのは「マダラトビエイ」大きな個体でしたが、ダッシュで近寄れば逃げてしまうのでとにかくシャッターを切りました。私の記憶では宮古でマダラトビエイを見るのは初めての気がします。
一瞬「マンタ」?と思うくらい大きなマダラトビエイでした。

ネロリ
最期の1枚はすやまの大好きな「ネロリ」ちゃんです。TAKAダイビングサービスの看板犬ですが、ものすごくシャイな女の娘です。
なかなかツーショットは難しく、やっと撮れた写真がこちら・・・
PXLnerori.jpg
次回こそ抱きしめている写真を撮りたいものですわーい(嬉しい顔)
                               すやま




posted by ダイブエムエーイー at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年09月05日

台風11号・・・セーフ

台風11号台風が沖縄、九州で猛威を振るいましたが・・・先週木・金・土と西伊豆に行って来ました。
若干のうねりはありましたが、ダイビングを楽しむことが出来ました。

木曜日・黄金崎
黄金崎は言わずと知れた、ビーチポイントで2本のビーチダイビングを楽しみました。
前週の黄金崎では「ネジリンボウ」をブログに掲載しましたが、今回はこちら・・・どこが違うか判りますか?
2022_0903西伊豆大久保さんhireneji.JPG
背びれをご覧ください、こちらは「ヒレナガネジリンボウ」君です。名前の如く、背びれがピンと長いのが判ります。どちらも可愛いハゼ君たちです。
お次はこちら・・・
2022_0903西伊豆大久保さんcin.JPG
沖縄や海外、水族館でも多くの数で生息しているのを見たことがありませんか?
「チンアナゴ」君です。南方から流れて来たのでしょうか?伊豆半島で稀に単体のチンアナゴを見ることがあります。なんか、チョット寂しそうですふらふら

金曜日・土肥
土肥では1ボート1ビーチを潜り、ビーチでこんな写真を撮ってみました。
2022_0903西伊豆大久保さんiboyagi.JPG
「イボヤギ」という腔腸動物です。画面いっぱいに写してみると、色鮮やかで綺麗ですねわーい(嬉しい顔)

金曜日・田子
最終日、田子ではボートダイビングを1本だけ楽しみました。いい感じで流れがあり、大物の群れを期待しましたが、イサキやタカベ、キンギョハナダイの群れは見ることは出来ましたが、残念ながら回遊魚は回って来ませんでした。そしてこの写真・・・
2022_0903西伊豆大久保kinngyo.JPG
いつ見ても「キンギョハナダイ」の群れは美しいものですわーい(嬉しい顔)

何処のポイントも水温が28℃位あり、快適なダイビングでした。いよいよ秋のベストシーズンが始まった感があります。
このチャンスを逃さず、海を楽しみましょうわーい(嬉しい顔)                  すやま


posted by ダイブエムエーイー at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記