2011年08月16日

世界自然遺産

小笠原の旅より帰ってきました。
往路は急病人が出たため、八丈島沖から大島まで戻り、
ヘリで搬送した後、小笠原を目指しました。
なんと、船中2泊、43時間半の船旅でした。
着いたのは早朝5時半、すーさんのお出迎えを受け、久々の大地です。
朝食後、早速ダイビングへ。1本目のあと、いきなりバンドウイルカの歓迎が。
DSCF7292.JPG
翌日は、有名な通称ケータへ。聟島列島へ向け2時間の旅。今回は嫁島のマグロ穴。
この穴の開いた岩の下には、メートルオーバーの巨大イソマグロが50本位ゆっくり回遊していました。やはり、このロケーションで見るマグロは圧巻です。
そして穴を出た下のオーバーハングに、シロワニがいました。ラッキー!
DSCF7338 (2).JPG DSCF7345.JPG DSCF7362 (2).JPG
翌日はさらに嫁島の先、途中に仲人島を通り、聟島まで船を走らせました。
ダイナミックな地形と、イソマグロ、ヒレナガカンパチ、巨大マダラエイ等々楽しめました。
そして圧巻は、閂(かんぬき)ロック!南島と閂島の間の間(はざま)岩からエントリー。
激流の中、大振りなギンガメアジの群れ、巨大イソマグロの群れ、マダラエイ、そして、
ウシバナトビエイの群れには大興奮でした。
DSCF7428.JPG DSCF7423 (2).JPG DSCF7530 (2).JPG
ラストダイブのドブ磯というポイントも潜るなり、イソマグロが群れていて、今回の〆でした。
盆踊りに参加し大汗をかいたり、夕食はどのお店もはずれがなく美味しかったです。
良く潜って、食べて、飲んでの9日間でした。
出港日の午前中は島一周観光し、帰路へ向け船に乗り込んだところ、急病人が出たとのアナウンス。どうやら熱中症のようで、ご家族で下船されました。
港を出ると、お世話になったショップの方々が船でお見送りをして、最後は飛び込んでくれます。何度見ても感動しますねぇ。
今回は大物三昧な小笠原でした、いいところですよぉ。
おり。
DSCF7556.JPG DSCF7568.JPG DSCF7577.JPG
posted by ダイブエムエーイー at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
7年ぶりの小笠原ツアー、これぞ小笠原というダイナミックな海に毎日感動しすぎて飲みすぎました。(あれ?関係ない??)7年前は海況が悪く、島陰ばかりでしたから。
行きは43時間半の航海。出発の翌日朝6時、「今、新島沖です」というアナウンスに「うそでしょ・・・まじで〜!」と、目が点になったことを忘れません。
その分、海は楽しみました。マグロ穴の激うねり、閂ロックの激流、それも心地よいと思える大物たちの嵐。お祭りも最終日の島内観光も、本当に満喫しました。
おかげさまでリフレッシュできました!(仕事復帰に時間がかかっています)
ありがとうございました。
Posted by Marilin at 2011年08月17日 00:11
Marilinさん
大変お疲れ様でした。小笠原、遠かったねぇ(笑)
乗船するなり、サーモン等のバゲットのオープンサンドに冷えた白ワイン!
ここまでは予定通り。
翌日は南島観光のはすが、まさかのもう一泊でした。
その分、海は大当たりで最高でした。
しかし、みなさん、カレントジャンキーですねぇ(笑)
こちらこそありがとうございました!
Posted by おり at 2011年08月17日 10:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47391682
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック