2010年05月25日

三宅島!

週末、H間組バースデーツアーで、三宅島へ行ってきました。
総勢11名の大所帯です。
さるびあ丸も懐かしかったです、Dスポーツの頃はよく食堂で明日葉シュウマイとビールをたのんだもんです(笑)
2000年の噴火より10年が経ちました。
火山性ガスの高濃度地区がいまだにありますが、臭いはほぼ無く、山も木々が緑に茂っていました。
1本目はボートで富賀浜沖へ、浅瀬はここが三宅島?と思う位のテーブル珊瑚が群生しています!しばらく進むとアーチがあり、テングダイ、チョウチョウウオ、そしてカンパチもまわってきました。
dscf4656 (2).jpg DSCF4659.JPG dscf4663 (2).jpg
DSCF4667.JPG昼は天気が良かったので、宿の庭でのり弁!これが美味!
岩のり、地のりがいちめんに、中ものり段々になっていて(笑)
そして午後はビーチダイビング組(大久保浜)と、スノーケリング組(長太郎池)と別れ行動することになりました。
私は何十年ぶりかの大久保浜へ。
地形は全く変わっていなく、懐かしく、思い出しながら沖の漁礁を目指します。
アオリイカの産卵床に、いるわいる、10匹はいたでしょうか。
ややしばらく、見とれていました。
砂地にはヒラメが隠れていて、我々に気づくとゆったりと泳ぎだしました。
根の棚に上り、帰り道を進むとウミガメがニザダイ、アオブダイの群れに交差しながら向かってきました。
三宅島を代表するポイントだけあって、とっても楽しかったです!
DSCF4673.JPG dscf4678 (2).jpg dscf4682 (2).jpg
そして、三本岳を臨む露天風呂につかり、夜はムロアジ、カツオの新鮮な刺身、明日葉料理を堪能しながらの大宴会でした。
おり。
posted by ダイブエムエーイー at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
そうですかぁ、噴火してから、もう10年になるんですねぇ。私が最後に三宅に行ったのは、もう27年前・・・。もうすっかり変わってるんでしょうね。
それにしても、岩のり弁、うまそうですね。
Posted by HIRO at 2010年05月28日 16:51
HIROさん
ありがとうございます。
三池港の変わりようはちょっとびっくりですよ。
伊ヶ谷も新たな防波堤ができたため、あのクマノミの岩もないんですねぇ、
ほぼ砂地らしいです。
魚、明日葉は変わらず美味いですよぉ!
Posted by おり at 2010年05月28日 18:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38488309
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック