2009年08月13日

遅ればせながら、佐渡

お久しぶりです。
西谷です。ぴかぴか(新しい)

7月29日〜8月02日にて、MAEではお初の佐渡へ行ってきました。

新幹線 新幹線、船 ジェットフォイル・・・と乗り継いで到着した佐渡は想像以上に田園が広がり、飛んでいる白い鳥がすべて“朱鷺”に見えてしまいました。わーい(嬉しい顔)

今回の楽しみは、弁慶(何年も前から棲みついている大きなコブダイに付けられた名前です)と海の幸!

まずは、日本海の岩ガキで腹ごしらえ。
地元の魚介類をたらふくいただき、いざダイビングです。

弁慶のいるポイントは「北小浦」といって、北の端っこにあたるのですが、あいにくの北風で潜ることが出来ず、初日は小木というポイント潜りました。
ここはタライ舟で有名なエリアです。

2日目、北小浦へ向けて出発したのですが、北風が強くなりポイント変更・・・結局、北小浦の弁慶に会うことができませんでした。この日は背合というビーチで潜り、小さなコブダイに会ってきました。

弁慶の写真は、次のチャンスに撮ってきます。
エチゼンクラゲも見たいなぁ・・・。あせあせ(飛び散る汗)


にし











posted by ダイブエムエーイー at 15:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
じゃんぼです。

ニシ、スーさん、お疲れ様でした。

初めての佐渡。

初めての日本海。

興味津々でした。

1日で佐渡観光?などと、佐渡は小さな島?程度の予備知識では、とても体験できないほど、見所が一杯でした。

三宅島へは100回も行きましたが、見たのは海中のみ。
火山研究所もそのうちと思っていたら、とうとう行けず終い。

大島へは200回も行きましたが、見たのは海中のみ。
リス園も1回行っただけ?だったかどうか?
記憶にありません。

沖縄へは300回も行ったのに、見たのは海中のみ。
熾烈な沖縄戦の跡も見たかどうか?

などと悔やむことの多いダイビング人生でしたが、今回は「もうダイビングはソロソロ他の方々に迷惑をかける年を恥じて」少しは現地の観光をという我侭を聞いていただいたお陰?

初日の佐渡資料館で見聞した佐渡の歴史?(ジェンキンスさんも歴史の一部?)から始まって、一攫千金砂金堀り(車のハンドルと大きく円を描く秘訣は次回の楽しみです。)

そして何より美味い物のオンパレード。

岩がきは当然でしたが、砂金センターの食堂のおばあちゃん手作りの、ながもの吸い物やイゴ、美味かった。

ジェットフォイル乗り場の売店で買った、のしいかも美味かった。

そして尾畑酒造のふぐの卵巣の粕漬けは絶品でした。
もちろん酒は真野鶴の大吟醸。
(ブレンダさんの名刺はどこへい行ったか?)
帰宅してから、インターネットで酒を追加注文しました。

いやはや、なんと楽しみ満載の佐渡ツアーだったことか。
(佐渡の帰りに寄った弥彦の温泉も、新潟のへぎそばも、冥土の土産?程楽しい休日でした。)

良いことのご褒美は?
うーん宝くじは外れましたが、新潟県民から過分なお宝をいただいたので、私は超満足です。

ニシ、スーさん、ありがとうございました。

次も(あるかなー)、温泉、美味いもの、そして気楽なダイビングツアーをクラブ「ダイビング & お楽しみ」で楽しみましょう。
(現在福島県および九州福岡県方面を物色しています)
Posted by じゃんぼ at 2009年08月18日 01:04
こちらこそ、ありがとうございました。

ユニフォームの“キャップ”と“ジンベイ”を大切に保管し、来年の夏の計画を練り始めております。

そして、再来年は11月のオーストラリアで、文字通り“豪遊”です!




Posted by にし at 2009年08月31日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31272092
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック