2008年10月24日

稲取から八幡野へ

昨日、すーさんのリクエストツアーにお邪魔して、稲取の視察ダイビングを試みましたが、見事に大荒れで、視察はできませんでした。
低気圧の影響でしょうか、先週も東伊豆は全滅で、昨日も海洋公園は大荒れでした。急遽、八幡野へ潜ることに。
うねりが多少入っているものの、水中は快適です。
水温23度、透明度10mといったところでしょうか。
アジ根を目指すと、そこにはキビナゴの群れ、それをアタックしにイナダが数匹回ってきていました。アオリイカもところどころで群れて綺麗でしたよぉ。
2本目もアジ根方面へ。1本目よりキビナゴの数が増え、逃げ回る様はまるで雲のようで、幻想的です。イナダの数も増して、迫力がありました。
ニシキフウライウオの情報があったので、探したところ、ウミシダに見事に擬態していました。ライトをあてても目がなれないとわかりずらいですよねぇ。
DSCF0918 (3).JPG
その他、砂地には深海から上がってきたのか、めずらしいハチが綺麗なヒレを広げて泳いでいました。綺麗だからといって触らないでくださいねぇ、全てのヒレのトゲには毒ありです。
あと、ミナミハコフグの赤ちゃんが愛嬌を振りまいて、おちょぼ口で泳いでいました。かわいいですよねぇ。
浮上すると、なんと大雨。
伊豆高原で私は降ろしてもらい、のんびり、ぐっすり、東京へ。
視察といいつつ楽しんでしまった1日でした。

おり。
posted by ダイブエムエーイー at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22007485
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック