2020年11月30日

オジサン大集合・大島/ 水深?m・田子

皆様
コロナ禍の中いかがお過ごしでしょうか?
とにかく感染しないよう、じっと耐えるしかありませんねふらふら
さて書込みが遅くなりましたが、11/13-15で大島 11/18-19で田子・雲見へと行ってきました。
じっと耐えながらも、感染には最大限気を付けながら潜っていますわーい(嬉しい顔)

オジサン大集合・大島
大島の野田浜で潜った時です・・・野田浜のアーチの下に「オジサン」が大集合しているではありませんか・・・
2020_1119大島おじさん.JPG
オジサンと言っても人間のオジサンではありませんわーい(嬉しい顔)
「ホウライヒメジ」という魚です。おそらくこんなにオジサンが群れているのは初めて見た気がしますわーい(嬉しい顔)
次の写真は人間のオジサン・・・しかも外国のオジサンわーい(嬉しい顔)
スクーター2020_1119大島〜.JPG
水中スクーターに乗った外国のオジサンでしたわーい(嬉しい顔)

水深?m・田子
ところ変わって、田子です。
いつもはキンギョハナダイの写真を載せるところですが、今回はこちらの写真・・・
2020_1119大島〜田子雲見40m.JPG
ちょっと分かりづらいですが、「サクラダイ」の群れを撮りに水深Imで撮りました。
残念なことに透明度がいまひとつ、サクラダイの固まり具合もいまひとつふらふら
次回チャンスがあれば、またチャレンジしたいものです。
翌日の雲見は透明度も良くなりました。
牛着岩の中から撮る写真は幻想的ですね・・・
2020_1119田子雲見穴.JPG

考えてみると水中では全くコロナなど気にしなくてよく、いざ船上や陸上に上がるとコロナを気にしてマスク着用・・・
早くこんな時が過ぎ去り、大声で笑ってダイビングの話ができる日まで、じっと耐えましょうパンチ
                       すやま

posted by ダイブエムエーイー at 14:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
高齢者自粛。
年よりは座して死を待て、と国からお墨付きをいただいた気がします。
こういうご時世、言われなくても自衛していますが、改めてお国の偉いさんから言われると腹が立ちます。
しかし、自粛のお陰で、凄いジャパンカップの歴史的戦いが観戦できました。
禍福は糾える縄の如し。
この分だと、大久保浜にカジキの大群が現れるかも?
窓を締め切り、自宅でレギュレーターから空気を吸う日が来ないことを祈りつつ、次は有馬か。
Posted by 干乾しのギャンブラー at 2020年12月03日 05:20
干乾しのギャンブラー さま

アーモンドアイ強かったですね・・・
10万人を超える大観衆の中で、ジャパンカップを一緒に観戦したことを懐かしく思いだされます。
そんなことが毎週のように、当たり前に繰り返された日々が無くなってしまいました。

毎月のように、当たり前のように行っていた海外へのダイビングツアーも無くなってしましました。

当たり前の事って本当はすごく幸せなことだったんだとつくづく思い知らされます。

しかし夜明けは近いと信じています。
いつの日かまた、一緒に香港やシンガポールで競馬観戦する日を夢見て・・・     すやま



Posted by すやま at 2020年12月03日 07:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188173518
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック